徒然なる凝り性B型

アクセスカウンタ

zoom RSS 中央アルプスデビュー・木曽駒ケ岳(前編)

<<   作成日時 : 2017/07/31 20:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


facebookのノートに8時間近くかけて作成したのに、どういう訳かお馬鹿さんでアップできないので急遽こちらの昔ラジコン時代に使っていたブログを利用して再アップします。

※各写真はクリックすると拡大できます。ただし、facebookなどでクリックした後に上部の←で戻ると画像の拡大から戻るのではなく、facebookの元記事に戻ったりするので上手に使ってください。


 5月に登山を始めて6山目にして中央アルプス最高峰の木曽駒ケ岳(2,956m)に登る機会を得ました。(医王山、取立山、焼岳、伊吹山、涸沢カールに続く) 企業視察に同行いただいた上司の方による引率とレクチャーの下の山行です。日本3大カールのうち、先週登って来た涸沢カールに続けて千畳敷カールも見られるとのことで、嬉しい限りです。もう一つのカールは何処なんだろう・・・(';')

 パーティーは、職場や仕事のお仲間である、@隊長のH常務、A由香嬢、Bムヒさん、私の4人です。H隊長は雪山もこなすベテラン登山家、由香嬢は海外や東京のフルマラソンや100kmウォークを複数回もこなす超健脚Woman、ムヒさんは富山の会社の優しくてダンディなお兄さんです^^

 前日の金曜日は有給休暇をとって、講師をしている研修プログラムによく登場させている超優良企業のお手本会社、伊那食品工業さんを視察、その足で隣町の駒ケ根市に登山口がある木曽駒ケ岳への登山と相成りました。

画像

「かんてんぱぱ」ブランドで有名な伊那食品工業さんの本社は長野県伊那市にあり、一般の人も無料で入場できる「かんてんぱぱガーデン」という広大な敷地の中にあります。

画像

社員のみなさんが自発的に毎朝、ガーデン内を整備される色々なツールが集まる小屋を見せていただきました。

画像

別棟の開発センター1階に売店もあり、寒天食品のいろいろな商品が並んでいました。レストランもメッチャ安いです。


画像

今回宿泊するのはルートイン駒ケ根インターです。身銭で泊まるには毎回はキツイけど、一泊7,100円、大浴場付きなので、遠方の登山ならたまにはありかなと・・・ ホテルの駐車場から明日登る山が見えます。因みに昨日までの天クラ予報は「C」だったものの、登山前日の今日は「B〜A」に変わり、夕方に至っては少し日も差してくるというラッキー具合です。(≧▽≦)

画像

ホテルの反対側に30分ほど行けば、今度は南アルプスの甲斐駒ケ岳の登山口があるという、登山が趣味な人にとっては堪らん場所ですね。

ホテルにチェックインする時に他にも登山者が物凄く多いことに気付き、 急遽ロビーで作戦会議。事前の予定では5:45の始発バスに合わせて5:00過ぎにロビー集合だったのですが、5:15のバスがあることが分かったのとバス待ちの列が多いのではないかと予想し、4:00集合に変更しました。バスの駐車場までは僅か4km、10分もあれば付くので早過ぎないかな・・・と思ったものの、実はこれが大当たりでした。

画像

前の晩は近くのガストで軽く夕食を済ませ、明日に備えて早々に就寝体制に入ります。いつもは飲み助の私がドリンクバーでコーヒー、H隊長が生ビールという異例の組み合わせに苦笑いが・・・^^;

しかし。。。 眠れない!(-"-)

眠れない、眠れない・・・(-"-)

20:30過ぎには入浴も終えてベッドで寝たのに、寝てるけど眠れない!(-"-) 睡眠導入剤のドリエルは持って来たんだけど、眠くなりかけた時に缶ビールを1本飲んじゃったので薬はヤバイし飲めない・・・(つд⊂)

画像

横になると視察企業の役員さんのお話しが思い出されて脳みそが覚醒してしまい、眠れず起きてスマホで天気予報を見て・・・みたいなことを1:30まで繰り返したのですが、諦めてテレビを点けると何と! 「北アルプス大縦走 空からの旅」みたいは番組をNHK-BSでやってるw〜(´;ω;`) もうこれは寝るな、という山の神の思し召しだろうと捉えて登山用具のチェックとメンテナンス、ストレッチなどをして、結局3:00にはロビーへ降りました。

画像

さすがに3:00は誰も居らんやろ〜と思ってホテルの写真を撮ったり、車に荷物を積みやすくしたりして、ロビーのソファで30分くらい寝よかな〜なんて思ったら甘かった・・・
3:20には家族旅行組と思われるお爺ちゃんお婆ちゃんに夫婦と子ども2人の6人がロビーに降りて来て静かにワイワイやってる・・・

眠れない!(-"-)

3:50にはテン泊なのか70Lくらいのザックを担いだ本格登山者の方がチェックアウト。。。 ヤバイ!(;・∀・) 先を越されたぁ〜

画像

でも今回のメンバーは「先に先に」の意識が強い人が多かったので無事に4:00にはホテルを出発しました。


画像

ところがところが・・・ 連絡バス駐車場についてビックリ( ゚Д゚) まだ始発の1時間以上前なのにかなりの人が並んでる!!! 急いで身支度を整えてバス停へ。ざっと50人くらいが前に並んでる感じでしょうか。東京や名古屋から近い中央アルプス・・・舐めたらアカンな〜^^; でも、5:15始発だった筈が、「臨時便が出ます」との案内で、もし一番バスに乗れるなら5:00に出発できそうです。早く出発したおかげ^^

画像

駐車場でひと悶着。小雨が降っていたのでバス停の屋根の中でUターンして並んでいたところ、「後ろに真っ直ぐに並んでくださ〜い」と係り員のお爺さん。

ザックを置いてチケットを買いに行ってる人も多々居たので、「いま列を変えるのは不味くない?責任とれるの?」といった声も飛んでいましたが、仕方なく後ろに伸びる方向へ従うと、案の定、戻って来た方達が恨めしそうに列の最後尾へ歩いて行かれました。もう少しスムーズな誘導とか案内掲示が欲しいなぁと思った次第です。(とにかくバス待ちのバス停近辺は不親切な印象です)

私たちの直ぐ後ろに並んでおられるのは九州から75歳のお母さんを登山に連れて来られた方で、ご高齢のお母さんもしっかりと千畳敷カールの登山道を登っておられました。

画像

それともう一つアンラッキーだったのがタクシー。。。 ホテルのフロントでH隊長が質問したところ「ロープウェイ乗り場にはバスしか行かれない」との返答だったのですが、バス停脇に運転手の居ないタクシーが1台。「?」
周囲を探すも誰も居らず、案内掲示もないのと、バスチケットの販売が始まったので往復チケットを購入してしまいました。

画像

ところが一番バスが出る直前に3台ほどのタクシーが来て、それに乗って颯爽とロープウェイ乗り場へ向かう登山者たち・・・(ToT)

あのホテルマンめぇ〜と恨むも、既にバスチケットも買ってしまったので今回は仕方ないってことで。。。

ま、心配していた小雨も上がり、木曽駒ケ岳の方角の雲も取れて来たので良しとしましょうか。
整理しておくと、菅の台駐車場からロープウェイ乗り場までは、連絡バスか専用タクシーがあり、連絡バスは往復割引で片道820円、専用タクシーは1台4,000円なので4人相乗りならタクシーの方が速くて快適かつローコスト。平湯のあかんだな駐車場から上高地などとは比べものにならない乗車時間と悪路のためタクシーが絶対お勧めです。(おまけにバスは通常の路線バスタイプの車両)


画像


画像

ちょうど私達パーティまでで、「次の時間のバスをお待ちください! 5分もすれば来ますから〜!」ということで切られていたので、超ラッキーと言うべきか、早起きに感謝しました^^
なので座席は補助席・・・(*_*) 40分近くのジグザグ急騰悪路は辛かった・・・(標高850mのバス停から1,662mのロープウェイ乗り場まで登るバスとは思えないオンボロやし...^^;)

画像

ロープウェイは定員70名とのことですが、立ち乗りでギッチギチです。乗車時間7分だから何とか耐えられますがザック前抱えのままでシンドイ・・・

おまけに右側に立ってしまったので良い景色や車両のすれ違いが見られず。左側をおススメします^^

ところでこの駒ケ岳ロープウェイですが、標高1,662mのしらび平駅から標高2,612mの千畳敷駅まで1,000m近い高度を7分間で運んでくれる乗り物で、千畳敷駅は全国一高い標高にある駅だそうです。バスとロープウェイで1,800mを駆け上がり、一気に2,600m超えの標高に立つことになるので登山前には高山病にならない様にラジオ体操を強くお勧めします、とのことです。(by H隊長)


画像

ロープウェイの車窓から。太陽が射してきて山肌がキレイ!(*'▽')

画像

千畳敷駅でロープウェイを降りたところ、雲海が!(≧◇≦) 日射しが出てきたのはそういうことだったのね・・・

画像

登山届を出して、 千畳敷駅の裏に出ると・・・

画像

ぎやぁぁああ〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ ってくらいのパノラマが・・・

絶景が広がっていました〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ 宝剣岳や千畳敷カールもバッチリ綺麗です! (実はこれも超早起きのお陰だと下山時に知ることになります)

画像

宝剣岳と千畳敷カールを見上げる景色!(≧▽≦) 畳を千枚敷けるくらい広いというのが名の由来とのこと。

画像

H隊長が4年前に来た時はガスと雨で全く何も見られずだったそうなので、今回は絶景ハントのリベンジですね^^

因みに今回の山行の最大のテーマは、「チョー雨男のH隊長に晴れ男と晴れ女3人組がラッキーをもたらす!」なのです(^^)

最近の白山登山中止や燕岳登山など、H隊長絡みの山行はとにかく悪天候が多い気がする・・・

前々日にテンクラ予報が「C」なのを見て由香嬢に「ヤバいわ絶対。H隊長の雨男パワーが強過ぎる・・・」とぼやいたところ、「でも何か分からんけど私、晴れる気がする(^-^)」と冷静に言うので私もその気になっていたのですが、一気に晴れパワー来ました!


画像

ラジオ体操も終えて安全祈願もして、いざ出陣です!(≧▽≦)  ただいま6:10なり。

画像

黄色い花を見ると「シナノキンバイじゃない?」と〇〇の一つ覚えみたいに声を上げていました・・・笑

画像

この花もなんて言うのか分からないな〜^^;


画像

千畳敷カールに向かう登山道を進みます。非常に整備された道で歩きやすいです。ロープウェイ降りた地点から既に森林限界の標高です。しつこいけど、メッチャ絶景です!(≧▽≦)

画像

登山道はどこまでもかなり整備されていて安心ですが、標高2,600m超えのところからいきなり山行が始まるのと、ずっと登りなので息は軽く上がります。

画像

眼下にロープウェイの千畳敷駅と雲海が見えます(*'▽')

画像

この時間でも既に結構な人数の登山者が居ます。でも、天気も眺めも良いので皆さん笑顔!(≧▽≦)

画像

40分近く登り続けて到着するのが「乗越浄土(のっこしじょうど)」です。急登を終えてお疲れさん、って感じでしょうか^^

画像

カールの上部へ登るほどメマトイやアブなどの虫が多く、初のムシ除けシステム稼働です。でも、すれ違う人の多くから「それ良いね〜(*'▽')」と言われるくらいムシは多かった。。。森林限界超えてんのにね〜 ネットにハッカ油をスプレーすると、ほぼムシは寄って来ません。


画像

乗越浄土からのパノラマ: 左手に宝剣岳、中央の青い屋根が宝剣山荘、右手のこんもりした山が中岳で、その向こうに木曽駒ケ岳の山頂があります。

画像

乗越浄土の右手は前岳と言うらしいのですが、昨日、こちらの登山道で怪我人が出て救難ヘリで搬送されたとの説明が登山相談員の方からあり、触らぬ神に祟り無しで通り過ぎます・・・^^;

画像

4年前にH隊長がガスと雨の中で泊まられた宝剣山荘。晴れてます!(≧▽≦) ここは宿泊者以外のトイレ利用は200円です。 ここまでが登山開始から50分弱、7:00に到着で非常に良いペース。

画像

真っ直ぐ右手の中岳、駒ケ岳山頂を目指します。


画像

ザックをデポって、左上の宝剣岳頂上を目指す人も居ましたが、途中に鎖場も多いとのことから私達パーティーは見送りました。頂上の岩で片足ポーズとってる人も居ましたが怖過ぎる・・・(;゚Д゚)

画像

中岳の頂上を目指します。なだらかな稜線のように見えますが、登りは結構キツイです。

画像

中岳山頂です。ここまで来ればあと少し!(^ ^) 中岳の登り辺りからムヒさんのペースが落ち始めたので尋ねたところ、どうも軽い高山病の様子で頭痛が続いているとのこと・・・(><) 休憩の頻度を増やし、無理のないペースで進むことにします。

画像

中岳から見る駒ケ岳山頂です。一回くだって再度の登り。くだった駒ケ岳頂上山荘近辺にテント場があって10組くらいのテントが張られていました。 しかし、、、 「隊長、晴れてますよ^^」 (しつこいか…笑)


画像

中岳からの下り。駒ケ岳山頂が綺麗に見えます。

<中編に続く・・・>

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中央アルプスデビュー・木曽駒ケ岳(前編) 徒然なる凝り性B型/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる