徒然なる凝り性B型

アクセスカウンタ

zoom RSS 昔さながらACの無い戦車工廠、タミヤ1/16RC戦車『M4シャーマン』フルオペ製作 〜その2〜

<<   作成日時 : 2008/08/05 01:41   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

◆◇◆◇◆◇ 装備品塗装と砲塔やシャーシ周りの更なる追加工作 ◆◇◆◇◆◇
7/19(土)16:00〜19:00、21:00〜24:00
7/20(日)21:00〜25:00
7/21(月・祝)6:00〜9:30、11:00〜13:00、16:00〜18:00、21:00〜23:30 ※早朝はAC無し対策(今夏初の35℃)
7/22(火)21:30〜24:00 ※AM一杯、会社の全館AC故障でエライ目に遭った。
7/23(水)22:00〜24:00
7/26(土)10:00〜11:00、14:00〜16:00
合計27.5時間。

新たに追加工作用の素材を購入。六角ボルト成型パーツ、真鍮棒、現行ドイツ連邦戦車兵1/16モデルで\1,800也。戦車兵はこれを改造して、砲塔後部で立位で搭載機関銃を撃つ兵士を再現する予定。(ここに行き着くのはだいぶ先だと思うけど)


【装備品の塗装】



金属の古く錆びた質感はシルバーグレイのベースに黒鉄色やパウダーを適当に色々混ぜて重ね塗りしたり剥がしたりを繰り返しました。木製の柄の部分はベース色を塗った後で面相筆で木目を書いて再現。


シャーシに乗せるとこんな感じです。しかーし、実はこの後、「アメリカ軍はこうだった」という雑誌の記述を元に木部の柄などをオリーブドラブ色のペンキで塗った感じにしたのでこの繊細な塗装過程に意味があったのか否かは不明。。。 後から溶剤でオリーブドラブを所々剥がした際に上手く木目が出てくれると大成功なんですが。


【追加工作部に基本色をレタッチ】

パテ盛部、真鍮線などをレタッチしていきます。


前部の機関銃部分はパテを塗って金属の質感を変更します。(上の写真と比べると分かります)




1回で塗料を乗せようと思ってもアクリル塗料でやってる限り全く駄目なので、焦らず、逆に非常に薄めた塗料を4〜5回塗って行くと5回目くらいにはかなり綺麗に塗料が乗ってきます。(薄めてあると乾くのが速い)


【砲塔の組立、加工】



メカ部分の最後の組み立てとなる砲塔内部を順に仕上げます。(難しい事は何も無く、説明書通り)



砲塔の先端部分の内部にはアルミテープを貼って、発光効果が上がる様にしてあります。(標準)



砲身もキットのままだと全然リアリティが無いので、パテ処理。



フラッシュユニットを取り付けて完成です。


シャーシにボディを乗せてみると。。。 グワーッ、たまらん(笑) 何とも言えない「立体」の迫力があります。これぞ、ゲームや映画では得られないと思って追い求めてきた感覚です。重量感と言い、こんな中途半端な状態ながら、ここまでのもっと中途半端な状態からグッと進んだ状況に感動です!


【防盾周りの追加工作】


実は文献の中の105mm榴弾砲搭載タイプには殆ど例が見られず、かなり迷ったのですが、キットのボックスアートに描かれているので何となく気になってしまって、最終再現することに決めたのが、防盾周りのボルト群。


当初感覚的にこのサイズだろうと思って接着したのが2.6mm幅のボルトだったのですが、ご覧の通りデカイ!よくよく計算すりゃ分かる話で、1/16だから実寸にすると42mmになる訳でこれは大き過ぎ。



メンドクセーと思いつつ、全部デザインナイフで剥がして、再度1.7mm幅タイプを接着して塗装。実寸でも27mmだから、まぁこんなもんでしょう。実際に雑誌の色々な写真を何度も目を凝らして見直してみると、どうも防盾側面にキャンバスっぽいカバーが留めてあるタイプがあってこの時にボルトで固定されています。それを外した状態なのではと推測して再現した事にします。


【ワイヤーと留め具の製作】


ワイヤーも実寸を考えて2mmφのものを調達。(実寸32mmφ) 留め具は真鍮線を丸めて半田で固定部を工作し、シャーシ上の突起部も真鍮線で誤魔化しました。


が、塗装まで進めてみて、なーんかカッコ悪い。。。一度そう思ってしまうと、自分を騙そうと思っても駄目で、そこばかり気になっちゃうのです。


結局雑誌の写真や先輩方の追加工作例を頼りに、


これまた作りました。アルミ板と微細ビス&六角ボルト成型パーツで。右の元々誤魔化した奴に比べると雲泥の差。



突起部も実物の写真を参考に真鍮線で作り直して、更にパテ盛で仕上げました。


苦労したのがワイヤーの両端の牽引フック部分。実物を参考にはしたのですが、ワイヤーと同等の2mmφ真鍮線は流石に硬くて容易に加工できず。半田で誤魔化すには細過ぎで、頼ったランナー伸ばしによるものは技術が未熟で駄目駄目です。



最終的に行き着いたのは、真鍮線とアルミ板を丸めた筒を組み合わせてパテで仕上げるという方法。これでも、まだまだなんでしょうが、これ以上は私の経験とスキルでは無理なので、今回は割り切ります。


【トラベリングロックの可動化など】


砲塔のトラベリングロック、根元を可動化しただけに他の部分が取り残されて気になっていたので、更なる追加工作を施します。先ずは留め具の製作。プラ棒を組み合わせて加工し、根元は溶接跡っぽくパテ盛します。


うん、ちょっと突起部長い感じもしますが、これで良しとします。



ここまで来たら固定部も可動化しちゃえってんで、プラ棒組み合わせて可動化します。


軸は微細ネジです。


やっぱり、やってみるもんです。元々の状態よりとても良い感じ。


ちょっと一服…

7/13(日)に今年から参加させて頂いている校区の「父親の会」で催されるザリガニ釣りにイベント係として父親も兼ねて出かけて来ました。たかがザリガニ釣り、されどザリガニ釣り。。。 2時間の会議、必要物品の調達、2時間の用具準備を経て当日を迎えたので、私的にはそこそこ緊張感がありました。大型観光バス2台に分乗して120名が参加ですから、これはスゴイ。。。 初対面の方も多いし、イベント係は初めてだし、結構緊張もしましたが、夜の飲み会は日曜にも関わらず深夜2時過ぎまで盛り上がって、とても楽しい1日でした。

※写真はカメラマンのM越さんによるもので、現状は無許可なので、M越さんお許し下さい〜。今度正式に掲載許可を依頼致します。


向かったのは金沢市郊外の夕日寺地区。トンボの生息地で、ザリガニはヤゴを食べちゃうので釣ることが奨励されています。


大型バスに分乗して、いざ出発!(これも一応肖像権ぎりぎり大丈夫と判断したのですが)


我が家もカミさんと子供2人とも参加。自分の子供の相手がイマイチ出来なかったかな。。。


最後に持ち帰らない人も多いので、こうなります。我が家はこのバケツから12匹を持ち帰る事に。。。帰りの車中で脱走してエライ目に遭いました。


◆◇◆◇◆◇ ようやくウェザリング塗装へ ◆◇◆◇◆◇
7/26(土)22:00〜25:00
8/3(日)14:30〜15:30
合計4時間。

7/26(土)は初めて地元のサッカーチーム、「ツェーゲン」の試合を見に行きました。今までそれほどサッカー観戦に強い興味は無かったのですが、子供らの通うサッカー教室のコーチがこのチームの現役選手だということもあって、思いの他、興奮して応援してました。結果は長野のチームにボロ負けでしたが、何か揺さぶられるものがあって、次回の試合も是非応援しに行こうと思っています。夜は金沢の花火大会をそっちのけで、8月上旬に実施する父親の会の行事第2弾、親子キャンプの会合に出掛けました。(今日は2時間お茶だけでまじめな会議)


何と室温35℃!昼間に自室で作業する時は半裸に近い状態で行って、終わったらシャワーを浴びるというやり方で、凌いでいます。塗料の渇きが速いのは良いのだけれど、とにかく作業してても彼方此方がべたべたしていて気持ちが悪い!でも、昔の戦車工廠ってのは、こんな環境で溶接したりしてたんだろうなぁと考えれば、少しは気分も違ってきます。(気のせい、気のせい、熱中症に気を付けよう…笑)


ようやく、砲塔の基本色塗装も行って、全体へのウェザリング塗装を開始しました。現段階ではまだアクリル塗料です。せっかく塗ったハルレッドが殆ど隠れちゃったんだけど、後から少しずつ溶剤で剥がして塗装が剥がれて錆びた感じが表現できると良いなぁと考えています。(駄目なら錆び痕を書き込むか)

砲塔はハルレッドの下地、ボディはドイツ軍のダークグリーン(深みを出すため)を塗ってありましたが、これにオリーブドラブ:8、ダークイエロー:8、バフ:8のシャバシャバ状態の非常に薄い色を重ね塗りして、そこにバフ:4、パステルのライトグレー:2をこれまたシャバシャバに薄めた色を所々パステルを擦り付ける感じで強弱を付けました。ここからどういう風に行こうか、考えるだけでもワクワクする状態になってきましたよ〜。


遂に41歳か…


8月になって直ぐ41歳を迎えました。40代に突入した時に比べると何も感慨は無いのですが、年々子供らの反応や用意してくれる事が変化して来ていることに感動します。今年は暑い最中という事もあり、カミさんの提案でアイスケーキにしたのですが、これが美味い♪


プレゼントされた色紙を見ても成長したなぁと、つくづく実感します。「誕生日の日」とか「父とうさん」なんて面白い日本語も今だけなんでしょうし。2人とも、グライダー、ヘリコプター、戦車を書き漏らさないところがエライ♪笑


今回の2回に渡る記事にある製作に要した時間が何と!62.5時間。という事で、ここまでの累計作業時間は147.5時間です。(←単なる暇人みたいになって来た…笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
相変わらずの、凝り性ですね(^・^)
でも、だふくさんらしくて、なんかニヤニヤしてしまいます。
暑い日が続きますが、お体に気をつけて、製作してくださいね。
(PS)お誕生日おめでとうございました(^・^)
logicmind
2008/08/05 11:19
えーーーーっ!logicmindさん!ご無沙汰ですー
と言うよりも、サイトどうなってしまったんでしょうか。一月前ほどにlogicmindさんのサイトにアクセスしようと思っても全く出来ず、何かあったのか、メールしようか迷っておりました。思えば、4年前ほどに土地柄は違えどもミニヘリRCで共感して出来たコミュニティを懐かしく思い出します。
私も今はちょっと横道に逸れてますが、やっぱりラジコンからは離れられそうに無く、今後ともヨロシクお願いします。

で、もしも、宜しければ近況など教えて頂けませんか。(暫くlogicmindさんのサイト覗いてなくて本当に恐縮ですが…)
凝り性B型だふく
2008/08/05 23:20
って、あっさり、もっちんさんのサイトのリンクから行けてしまいました。今から新しいサイト拝見させて頂きますが、沖縄に引越しされたんですか?本当に不精でスミマセン。
凝り性B型だふく
2008/08/05 23:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
昔さながらACの無い戦車工廠、タミヤ1/16RC戦車『M4シャーマン』フルオペ製作 〜その2〜 徒然なる凝り性B型/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる