徒然なる凝り性B型

アクセスカウンタ

zoom RSS タミヤ1/16RC戦車『M4シャーマン』フルオペ購入♪

<<   作成日時 : 2008/06/04 00:47   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0


<写真は株式会社タミヤのサイトから>
前回記事で久々にブログ復活したのはこれのお陰でもあります。実は1ヶ月近く色々と迷いました。きっかけは子供のおもちゃを見に近所の家電量販店に行った時で、その時にふと目に留まったプラモデル、タミヤ1/35ミリタリーミニチュアシリーズの「M4A3シャーマン・75mm砲搭載・後期型(前線突破)」でした。最近チートモードをやり出してから少し飽きてきたCoH(Company of Heroes)やバンド・オブ・ブラザーズのBGMが頭の中に流れ出したのです。直ぐに購入、しかし、買って帰ってから作る過程や作った後の結果を頭の中で色々と想像してみました。(←この辺が歳くったなぁと思う・・・)

そう言えば、空物RCを始めた4年前にも同じ様な事が… ⇒当時の動画復活(懐かしい〜)

動かない模型を作るだけでは私の場合不完全燃焼に終わりそうな、いや、飽きそうな気配が濃厚で、それならこれがラジコンなら良いんじゃないか?という発想になった訳です。ネット上で色々なサイトを拝見して、東京マルイやオークションなどにも出ている海外製の1/24クラスでBB弾も発射できる2万円程のモデルや、1/35クラスでタミヤ製の1万円程のものなど、更にはご自分で1/35プラモデルを改造してラジコン化している凄い方達まで発見!(すごく深い…)

検討の詳細経緯は端折りますが、私の解釈では、例えば前後進がスイッチON/OFFだけのものと、可変式でスロットルの開度に応じて速度が変わり、加えて4ch以上なら走行時に色々なギミックが同時稼動するという『フルオペ』と呼ばれるモデルがある事が分かりました。動画サイトで釘付けになったのは1/16フルオペのレオパルド。


見た当初は動画に効果音を入れてあると勘違いしていたのですが、タミヤ社が実際のエンジン音を録音してサンプリングした音源やスピーカーも搭載とか… 部屋の中でBB弾打っても仕方が無いし、外でやるにはちょっと恥ずかしいし、完成後のちょっとしたアクションや雰囲気と製作過程に重きがあると判断して、これだ!と思いました。

ところが、このタミヤ1/16シリーズ、目ん玉が飛び出るほど高い!!!オークションを見ても10万円前後が最低ラインで、完成作品やオール金属モデルが数十万円以上だったり…(ヘリと一緒と言えば一緒だけど) う〜ん、諦めるかと思いながらも探していたところ、冒頭写真の『M4シャーマンHOWITZER(105mm榴弾砲搭載型)』(標準価格\69,800)の存在に気付きました。初期セットは2chでフルアクションは停止時限定ながら、拡張キットで4ch化も可能な様で、タミヤのサイトで何度も動画を見て気分を盛り上げました。CoHで一番世話になった戦車でもあるしなぁ。。。 後は安く買えるお店を近くの模型店に行って値交渉したり、ネット上で検索しまくって探しました。

見つけたのが、仙台の石井模型さんで、過去T-REX作った時にジャイロ(GY401)などを購入したお店です。過去の応対に不安もありませんでしたし、今回の製品の売価も\55,650(別途送料\1,000)とかなり安かったのでこちらに注文しました。

◆◇◆◇◆◇ 届いてびっくり! ◆◇◆◇◆◇
22日(木)に注文してメーカー取り寄せにかかわらず、週末25日(日)にとてもつもなくでかい箱が到着♪ 1m位と思っていましたが、測ってみたら長手方向で70cm。(所謂釣った魚とおんなじ勘違い)


1/35プラモの箱と比べると、こんな感じ。


マジックテープで止まっている厚紙の蓋を開けると。。。 スゴイ♪ワクワク感満載です。




Wikipediaや最近カミさんが買ってきてくれた「異形戦車ものしり大百科」(←マルダー自走砲とか、各国の駆逐戦車とか、空挺戦車のテトラークとか、戦車の歴史や仕様などがてんこ盛りの本: 家のカミさん良い人だわ・・・)などでも見ていたのですが、搭載エンジン音もリアルに再現されるのは嬉しいところです。






実際の弾は出ませんが、主砲や機銃の発射光、車体反動も再現されます。PICコントローラーを積んでいる事で、走行やギミックに連動した音などの再現が出来る様です。自作でRC化されている方のページなどにはPIC回路の製作方法も書いてあるのですが、さっぱり分からないので、自分でRC化するのを諦めたところもあります。




足回りはサスペンションやスプロケットホイールなど金属製です。


もっと良いモデルだとギヤ構造が2モーターでも駆動用とデフ用に分かれるクラッチ付きの実車同様らしいのですが、このシャーマンは左右分離型です。






バッテリーはニッカド7.2V/1500mAhで思ったより容量小さい割りに重たいです。(空物と比べたら当然か…) 流石にプロポは2ch機なので、PCM9Xと並べるとおもちゃみたいです。やっぱり最終は4ch化かな。


直訳的な簡易説明書やネット上の製作記を頼りに組み立てていた空物RCからすれば、怖いくらい丁寧な説明書。(まぁ空物で言う京商製だもんね)


シャーシはアルミ製、キャタピラも樹脂製と言いつつ、接続は金属なのでズッシリ重いです。


この辺りが搭載重量お構いなしで行ける良さでしょうが、スピーカーユニットも結構でかい。


パーツ類も以前に組み立てたX.R.B.HUEYに比べると大きいせいか、点数が少ない様な感じに見えます。




ただ、縦横全てが2倍になると全くサイズ感が変わるなぁと実感。フィギュアやボディなど、釣り上げた魚もそうですが、同じ長さのアジとヒラメでは全く大きさ感が異なりますよね。


細かいものも金属製パーツが結構多いです。


大まかに分類した状態です。

◆◇◆◇◆◇ 準備にも投資が ◆◇◆◇◆◇

これまた、ネット上で色々と調べながら塗料や効果を高めるケミカル類、薄刃ニッパなども一揃えしたところ、上記の写真に加えて追加したものも含めて何と全部で2万円強!やっぱり大人の趣味は金が掛かるなぁ。。。(でもここでケチると後で後悔するし… と言ってもまだマニアの方から見れば足りないのでしょうが) 詳細は今後の事もあるので、以下の表に記載しました。


<クリックでExcelファイル>


金属製部品の脱脂は空物RCの時に教わったブレーキクリーナーで実施。


先日の5/31(土)と6/1(日)に塗装を開始、車庫の中でもうもうと立ち込める溶剤臭と戦いながら、土曜半日(深夜含む)と日曜全日(カミさんと子供らが行事でOK!)掛けて、最初のスプレー塗装を終えました。随時写真に収めながらは進めたのですが、ブログ記事作成は今度と言うことで。。。(以前に比べて記事製作の根気が・・・)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
相変わらず牛歩戦術?タミヤ1/16RCシリーズM4シャーマン製作記
ようやく製作記を名乗れる内容に差し掛かりつつありますが、未だ牛歩は変わらずです。長男の入学を期に校下の「父親の会」なるものに加入し、そこのイベントリーダーに立候補した事で休日も色々と忙しくなりそうです。私の住む金沢市内でも最大規模(80名)の父親の会だそうで、先ずは来月開催の「ザリガニ釣り」の企画、準備を進めています。(昨年は200名ちょっとが参加) また、会社も期末を迎えて来年度の方針や予算策定などに追われており、何か一つ狂うと踏み外しそうな感覚に囚われながらも楽観的に過ごしている毎... ...続きを見る
徒然なる凝り性B型
2008/06/24 00:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タミヤ1/16RC戦車『M4シャーマン』フルオペ購入♪ 徒然なる凝り性B型/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる