徒然なる凝り性B型

アクセスカウンタ

zoom RSS 8ヶ月半ぶりか… ちょっと毛色は変わるけど、ぼちぼち再開。。。

<<   作成日時 : 2008/05/31 01:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5



サイトやブログのタイトル通り私の血液型はB型ですが、どうも凝り性と飽き性が同居している様で。。。(以前にたけてぃさんも仰ってたなぁ…) 何とブログが8ヶ月半振りの更新…(自分でも止めたと思ってたんだけど) 昨秋に現業と並行で新規事業の立ち上げ命を受けて仕事が超繁忙期だった事や子供達の自我がめきめきと芽生えて来て、私一人趣味に没頭できる状態に無かった事などから、空物ラジコンは全くご無沙汰となっていました。

休日に子供達を置いて自室に向かう時のつまらなさそうな表情を見ると、居ても立っても居られない心境になる様になったのも、何某かの変化でしょうか。自分が思っていたよりも子供好きみたい、と言うより、自分の知識や経験を教えてあげたいという気持ちが強い様で、これも老い(まだ40歳ですが)への防衛本能でしょうか。

レンタルサーバーを再契約して画像や動画の虫食いを直している時に、ふと目に入った数年前の子供達の写真や記事を見て、「懐かしい〜」の一言。やっぱり一度途切れても記録しておきたいと一念発起しました。ブログ画面に勝手にGoogleリンクが出来ていたり、色々変わっているところを見ると、ネットのコミュニティも結構様変わりしているのでしょうか。ともかく、自分や家族の為の綴りとして、ぼちぼちと書いておこうと思います。


◆◇◆◇◆◇ 8ヵ月半の中心だった子供達との事 ◆◇◆◇◆◇
【8月:夏に初めて家族でキャンプ】



長男6歳、次男3歳、カミさんの「フルセット買っちゃおう♪」の豪気な一言で実行が決定。学生時代のツーリングの時など含めても、子供時代のボーイスカウト以来、まともなテントは立てた事が無かったので、一人悪戦苦闘する父ちゃんを尻目にたくましく2人で虫取りに興じていてくれました。

【9月:保育園の友達と一緒にぶどう狩り】

男の子5人をカミさんと2人で引率… 正に子羊を追い掛け回す番犬の様な状況でした。この後、大型の公園を2箇所も梯子させられました。でも、面白かったなぁ。。。

【9月:地元石川動物園のナイトズー】


動物達よりも檻に入れておくべきか否か悩んでしまうくらい、やんちゃなB型ボーイズです。(因みに我が家は全員B型)

【9月:カミさんのバースデーパーティー】

こういう写真もあと数年なのかなぁ。。。

【9月:保育園の運動会】


長男は保育園最後の運動会で、春から練習してきた鼓笛隊のお披露目です。(長男は大ダイコ) 楽器の重さによろめきながらも懸命に演じている子供達がとても健気で、撮影しながら思わず涙してしまうほど感動しました。

【10月:次男坊の誕生日】

ようやく4歳を迎えて、おねしょは無くなって来たけれど、未だにパパにはなつけない(怖い)次男と、お調子者の長男坊です。

【11月:近くの丘陵で芝滑り】

大人も面白いダンボール滑り。長男のバランス感覚の良さにはびっくりしました。

【1月:恒例となった正月の温泉】


カミさんとこっそり夜中に旅館の中を歩き回っていた時が一番ドキドキ、ワクワク、ウキウキしたかなぁ。

【2月:隣県の富山城に電車で】

田舎暮らしだと電車に乗る機会がほとんど無いので、子供達は「JR初体験」です。特急と路面電車で散策して来ました。

【2月:長男の入学準備】

遅ればせながら春から小学生になる長男の入学準備が始まりました。散々迷った挙句に浜本工芸のガッシリした机を購入。机が小屋みたいに見えるほどチョコンと小さく座っている長男が可愛らしいです。そろそろ、子供部屋増築の工事も検討せねばいかんかなぁ。。。

【3月:シーズン最終で初スキー】

次男坊はミニスキー、長男はマジスキーで初の父親スキー教室です。昔いろいろとやってきた事がたまには報われるなぁと実感したのがこの時で、バッチテストで練習していた頃の経験を生かし、板を履いて歩くところから丸々一日基礎練習を行いました。後半はスピード感を掴ませる為にストックを横に持った私の間に挟んでボーゲンで滑降して長男も満足でした。この後3日間ほどまともに歩けなくなりましたが。。。

【3月:長男の卒園式】

保育園の先生や母親の皆さんが号泣している姿には感じ入るところがありました。

【4月:長男の入学式】

ピカピカの1年生、桜も満開です。どうも長男ネタばっかりです。私も長男だったので弟のひがみが分かる気がします。

【4月:長男の誕生日】


7歳を機に、「プレゼントはおもちゃ希望!」をペットに仕向けたところ、まんまとハマってくれました。これ以上、壊れたおもちゃのガラクタが増えるより情操教育上も良いし。何となく、一番世話をしているカミさんに表情や体型が似ている気が… カミさんが似てるのか…

【5月:内灘の凧揚げ世界大会】

国内外の大小さまざまな凧が集結。物凄い数の観客の割りに今ひとつイベント進行が下手くそで面白くない。子供達も直ぐに飽きてしまって能登方面の大きな公園に向かいました。遠方でSAL機が飛んでいたのを目撃して、駆けつけたいやら、飛ばしたいやら、衝動に駆られつつも我慢、我慢。。。


◆◇◆◇◆◇ この間、密かに凄く凝っていた事 ◆◇◆◇◆◇

<ヴィエルヴィルでの101空挺師団>

平日は仕事が忙しく、相変わらず毎晩の深夜帰り。休日はカミさんや子供達と一緒、それでも何かやりたい!という欲求は昨夏の最後のSAL投げ以来も沸々と湧き上がっていました。雷を機に最新PCにリニューアルしてCore2Quadを活かせるゲームでも無いかなぁなどと思っていた矢先にちょうど普段良く利用しているセブンドリーム・ドットコムのメルマガが。。。

「カンパニー・オブ・ヒーローズ」は第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦から始まるヨーロッパ戦線を描いたRTSです。ズームアップした兵士の一つ一つの挙動までを完璧に再現!戦車のキャタピラの軋み、砲撃で撒き散らされた建物の破片、建物の残骸を遮蔽物として銃撃を繰り広げる兵士達…。」


<カランタン教会に篭るスナイパー>

正直これまでPCゲームなるものを殆どやった事がありませんでした。然し、前記のコピーが目に留まったとき蘇ったのが、小学生の頃に弟と熱狂的に興じたボードゲームの『マーケットガーデン作戦』。。。 同年代以上ならご存知の方も居られると思いますが、三つ折位の化粧厚紙にヘックス(六角形)マスが一杯印刷されていて、そこに大量のコマ(1cm角程の厚紙)を並べて地形などの条件の下に進められる数や対戦時の勝敗が決まるというアナログ戦略ゲームです。

当時、テレビでビックモロー主演のコンバットなども放映されていて、それをアナログラジカセで空中録音(分かります?)した音楽を掛けて、兵隊っぽい格好をして時には数日間掛けて遊んでいたのです。(結局どちらかが癇癪起こしてひっくり返すパターンが多かった気がするけど) 確か7〜8千円という小学生には超高価な遊具だったので、誕生日だかクリスマスだかに2人分を併せて買ってもらった記憶があります。


<カランタン教会前で有名なピアノシーン>

それと、その頃にもう一つ凝っていたのが、タミヤの1/35ミリタリーフィギュアシリーズ。ドイツ軍やアメリカ軍などの兵隊セットを買っては色を塗って仕上げていました。車両を買うお金はなかなか無かったのと、新たな塗装色が増える度に小遣いを算段して買いに行き、時にエナメル塗料(←これビンが小さくて割高)を買った時なんかは有頂天になれていた気がします。これも結局は学校のクラブが忙しくなって来た5年生くらいの時に友達と2人で今までの作品全てを爆竹で吹っ飛ばして終わった淡い記憶が残っています。


<カランタンのノルマンディ・カフェ>

公式サイトを見た瞬間、何かが『ビビビっ』と来てしまいました。多分、厚紙の記号表示されたタンクや兵士達がタミヤのフィギュアに変身して、それが勝手に動く様なイメージが出来上がったんでしょう。昔は妄想だったものが、現代だとパソコンで出来るのかぁ。しかも海外製のソフトだと言うのも何となく気に入りました。(何となく海外製マニア商品って徹底したコダワリがある事が多いので)


<サンフロモンドで土嚢を盾に防御するライフルマン>

Youtubeニコ動で動画を検索してみると、あるわ、あるわ。。。 北陸にはお店が無いのであまりメリットは無いのですが、メルマガ貰ったセブンドリーム・ドットコムで即効買いました。


<サンフロモンドの枢軸軍シャトーHQを占領>

私がこのゲームの虜(正に虜でした)になったのは、シューティングゲームやアクションゲームと違った、シナリオ付き人間将棋みたいな感覚があるからです。巷では操作が忙し過ぎて難しい云々の意見も多いのですが、私はポーズキーを多用して自分の部隊に必要な命令を全部出してからポーズ解除を繰り返しているので、ゆっくりと考えながら出来ますし、一人称型のアクションゲームなどと違って部隊や景色を俯瞰して全体像を見ながら戦術を練るというボードゲーム的な感覚が楽しめるので、とても面白いと思っています。(本来はネット経由でリアルタイム対戦を行うのが常識の様ですが…)

マウスのスクロールで上空から全体を見る、兵士に近接して見るといったズームインやアウトが出来ます。(キャプチャ画面は殆どがポーズして近接して撮ったもの)


<シャトーHQ占領に大活躍の空挺師団>

それと、実際の戦史に基づいたシナリオと、物凄いリアルな3D描写も虜になってしまう要素として挙げられます。ダメージの受け方なども非常に細かく定義されていますし、数名のチームになっているそれぞれの部隊も近寄って見ると、一人は銃を構えて周りを警戒していたり、一人は他に話し掛けていたり、砲撃を受けて吹っ飛ぶ場合も所持品が細々とバラけて飛び散るリアルさです。


<サンフロモンドで活躍する工兵達>

決して戦争賛成とかは無くて、あくまで平和主義者の筈なんですが、仕事場でもメンバーに方針や方策を伝える際に、現状を戦場に例えて話したりする事が多くて、ひょっとして祖先は軍人だったのでは無いかと思う事も度々ある次第です。


<192高地占領時にW号戦車と対決するシャーマンM4戦車>

また、メンバーにこの手の事に詳しい人が居て、是非見た方が良いと貸してくれたDVDが、『バンド・オブ・ブラザーズ』(B.O.B.) これが、また無茶苦茶面白い!主役のウィンターズ中尉(後に出世しますが)に惚れ込んでしまいます。ノルマンディ上陸のDデイからマーケットガーデン、バストーニュ、ベルリン陥落までを101空挺師団のE中隊を主軸に描いた全5巻の壮大な映画です。


<モルタンで銃弾の中を掻い潜る米軍衛生兵>

原作本も購入して読みましたし、繰り返し5回観ました。その後、『史上最大の作戦』や『遠すぎた橋』、『プライベートライアン』などの有名タイトルを始め、片っ端から西ヨーロッパ戦線に関連する映画を観たのですが、やはりB.O.B.には敵わないなぁ。。。


<ティーガーエースにトドメを刺すライフルマン>

この「カンパニー・オブ・ヒーローズ」ですが、私が購入した直ぐ後にちょうど2作目の「OPPOSING FRONTS」が登場するという絶好のタイミングで、こちらはマーケットガーデン作戦とイギリス軍がDデー以降、カーンを解放するまでのシナリオとなっています。


<シャンボワでパンター戦車部隊を迎撃>


<カルピケ飛行場を死守する枢軸軍兵士>


<カルピケをグライダー降下で急襲する英軍コマンドー>

実はね、「カンパニー・オブ・ヒーローズ」も全部でシナリオを6巡やってます。。。 最初の頃は徹夜も何回かやって、カミさんに怒られて…(笑)


<カーンに進入した英軍大尉>


<カーン進入に成功した英軍コマンドー>


<カーンでチャーチルを修理する英軍特務工兵隊>


<カーン解放に向かう英軍コマンドー>


<カーン奪還を試みる枢軸軍を撃退:シャーマン・ファイヤフライ>

ゲームが一服すると、Wikipediaなどで第二次世界大戦の西ヨーロッパ戦線の様々を何度も繰り返し読みました。その内にカミさんまで、「何とか作戦は上手く行ってんの?」などと聞いて来る状況に。。。


<ブールゲビュ高地に座す88mm砲を奪取>


<ウォルヘーゼで連合軍空挺隊を迎え撃つ枢軸教導師団>


<オステルビークで戦う教導師団>


<アルンヘムの橋を取り返す枢軸のケーニヒス・ティーガー>

この辺りになると、正に再度「遠すぎた橋」を観賞し直して映画さながらのストーリーを被せて喜んでいた感じです。馬鹿馬鹿しいと思う方も居られるかも知れませんが、本気で仕事の戦術を練る際のロジックに応用したりしていた気もします。


<アルンヘムの広場に散開配置>


<空挺スパム>

遂には飽きてしまって、海外公式サイトから辿った掲示板で知ったチートモード(自由に色々な要素を設定できるモード)のやり方を知ってしまい、段々と虜から解放されて来ました。何でもそうでしょうが、自由自在になっちゃうと、フト面白くなくなるみたいです。


<枢軸イーゼルシュレックが破壊力大!>


<英軍25ポンドスパムは強烈です>


<爆発シーンのリアルさ>

25ポンド砲の砲撃を受けて右上方に吹っ飛んでいる枢軸軍の兵士が居ますけれど、これを拡大すると。。。



周りには所持していた銃などが一緒に飛び散っている訳です。とても残酷なシーンではあるのだけれど、子供達には内緒でやってるので勘弁下さい。



と言うことで、本来ブログ記事を更新しようと思った冒頭写真の本題に入る前に、長くなり過ぎたので次回に続けます。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶりです!(^^)/~元気してました?。
自分も1年くらいRCから離れてました、つい久しぶりにT-REXを出してホバってみました、できるけどめっちゃ怖い!!。
そっか~スキーも行ったんや是非白峰or瀬女来てくれれば良かったのに、今シーズンは石川県で全国中学校スキー大会が白峰で有ったりしてSkiシーズンはいつものごとく忙しかったな~、3月の白峰最後でシーズンOFFだったけど4月末に1泊どまりで白馬へ春スキーに雪が重いとめっちゃ疲れます、DAFUKUさん初すべりが3月だったらそりゃ~疲れるよ(^^;ゞ。RC飛ばしに内灘行きますよ!・・・・、EP-8の組立まだだったりして、また遊びましょう、今年は地震復旧工事も乱舞で忙しかったからね!
GENちゃん
2008/05/31 17:16
はじめまして。

DLG で検索していたら偶然見つけて見せていただいていました。ずいぶん長い間書き込みがないのだがどうされていたのかと思ったら、RTS を・・・

DLG はどうされたんですか?

最近 RCDLG を始めたもので、その関係でとても面白く読ませていただいています。というわけでぜひ、DLG に関してのその後の情報も載せてください。

よろしくお願いします。
mayfly
2008/05/31 19:52
私は RTS は COD をやったことがありますが、どうも性に合わなかったです。ずいぶん長く遊んでいた Close Combat(当然ながら? ハマったのはマーケット・ガーデンをテーマにしたものでした)も最近はやめてしまい(まぁ、総本山的な存在だった CSO が閉鎖してしまっては仕方ないですね)、今は Combat Mission(最新の現代戦がテーマではなく、WW2 がテーマです) で遊んでいます。これは結構面白いですよ。最初は Real time のモノでないと面白くないと思っていたのですが、We go System というモノで、お互いがそれぞれのユニットに1分間の命令を与えて、それをコンピューターが動かせて見せてくれるというシステムのモノです。その昔のボードゲームの名作スコード・リーダーのパソコン版とでも考えればよろしいかと・・・

いったい私は何を書こうとしているんでしょうね?

mayfly
2008/05/31 19:53
GENちゃん、mayflyさん、コメントありがとうございます。
ひっそり更新したつもりが、やっぱり「WWW」ですねぇ。。。
mayflyさん、すみません、前回記事からDLG(SAL)は全くやってません。家族の記事も代表的な内容を挙げましたが、その間にも色々と行ったりやったりしています。今は、子供中心で行こうと決めているので、私だけ単独行動をする必要のある趣味はご法度なんです。本日も校下の行事で先ほど戻って来ました。次回の記事で詳細を書こうと思いますが、久しぶりに家を空けずに出来る製作事を久し振りに開始しました。
GENちゃんさん、ヘリ、やりたいっす!もう数年後かも知れんけど…

ところで、mayflyさん、RTSお詳しいですねぇ。私は未だCODだけなので、ご教示頂いたものを見てみたいと思います。マジでDデー以降の戦いにのめり込んでます。特に1分同士のシンキングタイムがあるゲームというのも面白いですね。
凝り性B型だふく
2008/06/01 22:53
こんにちは

私はRTSはCODしかやったことがなくて・・・ RTSってシナリオですから、どこでどうなるというのがある程度あるのが、というので私にはダメでした。

以下の所に、CMの解説があります。何にしても古いゲームですが、かなり深いですよ。WW2モノは3種類出ていますが、多くの人は2と3で遊んでいます。今のゲームと比べると、グラフィックはお笑いぐさですが、ゲームはグラフィックでするものじゃなと思います。かなり良くできたゲームです。

http://www.4gamer.net/review/live/cmbb.html
http://www25.big.or.jp/~tukiyo/CM/cmlist.htm
http://japanzer.hp.infoseek.co.jp/index.html

ご参考まで・・・
mayfly
2008/06/02 06:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
8ヶ月半ぶりか… ちょっと毛色は変わるけど、ぼちぼち再開。。。 徒然なる凝り性B型/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる